個人信用情報の遅延や延滞情報!大きな事故だけが問題ではない!

カードローンやフリーローン、その他のローン契約やクレジットカードでは個人信用情報が審査で大きな役割を持っています。

基本的には、大きな金融事故が無ければ、審査への影響は少ない思いがちです。

しかしながら、遅延や延滞情報は短期と長期に区分され、金融事故になるものとならないものがあります。

ですが、事故情報とならない、短期の遅延情報でも発生頻度が高い場合、融資リスクが高いと判断される可能性があります。

そのため、毎月支払いや返済が遅れがちなかたでカードローンを申し込みする場合は注意が必要です。

金融事故情報がないから審査は通過すると考えず、細かいところもチェックされると考えることがおすすめです。

そもそも、返済や支払が遅れがちになるのは、収入と支出のバランスが崩れている可能性があるため、キャッシング以外のことも検討する方がいいと言えます。