消費者金融からのキャッシングと銀行からの借り入れ

銀行も消費者金融も金融屋には違いないですが、方向性が実はかなり違います。銀行は銀行法が適用されることになっており、消費者金融は貸金業法が適用されます。これは明確に違うことが一つあります。

それこそが総量規制になります。銀行も最近では少額の個人の信用融資をしていますが、これも一種のキャッシングともいえます。ですが、適用される法律が違うことになっていますから、総量規制外になります。キャッシングをするといっても色々とパターンがあることは自覚しておいたほうがよいです。

金利も銀行のほうが安い傾向がしっかりとあります。但し、貸してくれる可能性としては、やはり消費者金融のほうが上手です。借り入れる目的次第、というわけではなく、個人の信用評価によるわけですが、銀行はそれなりにハードルを高く設定しているのに対して、総量規制があるにしても消費者金融の場合はかなり緩い基準で貸してくれることが多いです。これが狙い目の一つになっています。